【お知らせ】  例会は、毎月1回、自由ヶ丘の「緑が丘文化会館」で行っています。
    【今後の例会日程】2017.4.5(水)、5/10(水)、6/7(水) となっています。
     ご興味のある方はまずは見学にいらしてください。 お待ちしております。
特に、お疲れの40代・50代の方、健康維持と新たな趣味に”登山”はいかがでしょうか?
見たことのない景色・空・風・木・草・水・岩・雪に触れて大地を感じてみませんか?
 
 【最近のトピックス】
◆中央線沿線の山・滝子山 (会山行)

2017年2月19日(日)晴れ、初狩駅→檜平→滝子山→大鹿山→田野(景徳院)を歩きました。 登りの南斜面は暖かく雪はありませんでした。下りの北斜面は雪もあり寒かったです。
山頂では富士山がきれいに見えました。山頂は2月なのに泥だらけで、今年は暖冬と思いました。
景徳院から甲斐大和方面の路線バスは、季節的にないとの話でしたが、□□□バスがありました。 疲れていただけに、非常にラッキーでした。
◆奥多摩・真名井北稜 (会山行)

2017年1月21日(土)晴れ、川井駅→真名井橋→真名井北稜→真名井沢の頭→赤杭尾根(あかぐな尾根)→古里駅を歩きました。 1月の後半なので、雪があるかなと思いましたが、登山口や尾根の下部にはほとんどありませんでした。
ただ、尾根の上部や真名井沢の頭では膝まで雪があり、さすがに寒いでした。 川井駅出発が8:40と遅かったせいもあり、下山口の古里駅着は、暗くなり17時になってしまいました。
◆三床山 (個人山行)

2017年1月16日(月) 晴れですが、風が強かったです。
鹿嶋神社→一床口→西入ノ峰→一床山→桜山→つつじ山→烏ケ岳→小三床山 →金原分岐→二床山ピストン→金原分岐→三床山→沢コースを下山で鹿嶋神社に戻る 周回コースです。
東武佐野線田沼駅で、登山時報ミニガイド執筆者のY氏と合流。 登山口の鹿嶋神社までY氏の車で移動、またお世話になり感謝致します。。
一床山からは、日光連山や浅間山、富士山、三床山からは、スカイツリーと都心 のビル群も遠望できました。登山時報が縁で登れた、低山ながら展望抜群の山でした。
◆ラッセルの上越・八海山 (会山行)

2016年12月17-18日、八海山を計画しました。当初の計画では大倉口コースを登り女人堂泊でしたが、 天気予報は雪でしたので、林の中の大崎口コースに変更しました。当日は、八海山尊神社から雨交じりの雪でした。 少々登ると雪は腰まであり、交代でラッセルを行いました。急斜面や吹き溜まりでは雪が胸まであり、悪戦苦闘。 霊泉小屋までがやっとでした。霊泉小屋に泊まれて助かりました。ありがとうございました。
翌日も、ラッセル、ラッセルで3合目の直前で引き返しました。
◆晴天の御正体山 (会山行)

2016年11月5日、御正体山に登りました。上りは、道坂峠からスタートして、岩下の丸、御正体山頂上。 1200mほどの尾根がずっと続き長かったです。頂上は、林にかっ込まれていましたが、枯葉も落ちて明るくゆっくり休めました。 夏に来たときは林に覆われて暗い感じでしたので、季節により変わるものと感じました。 下りは、見晴台の道標には登山口まで1時間20分とあり、それならバスに間に合うので急斜面を走るように三輪神社に降りました。 バスにはなんとか間に合いましたが、登山口とはどこのことか疑問です。
◆小粒ながらピリリと辛く歴史も感じられる石裂山 (個人山行)

12月4日(日)栃木県の石裂山に登った。東武線新鹿沼駅からリーバスで終点の石裂山で降り る。コースは、加蘇山神社の社務所→加蘇山神社の下ノ宮広場→竜ガ滝分岐→県の天然記 念物千本かつら(樹齢千年)→中ノ宮→洞窟の奥ノ宮→東剣ヶ峰→西剣ヶ峰→御沢峠→石裂 山→月山→竜ガ滝分岐、往路を戻る周回である。11年ぶりに再訪したが、自然災害で木々が 倒壊して山容は変わり、梯子や鎖は新しく整備されて前より安全に歩けた。 山頂から男体山をはじめ日光の山々が見えた。
◆機関紙「山窓」178号発行 (会活動)

2016年10月5日、当会の活動内容を掲載した機関紙「山窓」178号(A4,カラー版)を発行しました。 前回の発行が6月末でしたので、約3か月ぶりとなります。
内容は、上記の目次の通りです。ご覧になりたい場合は、連絡をいただきたいと思います。
◆貴重な晴れの日、中央線沿線の権現山 (会山行)

2016年9月10日、中央線沿線の権現山に登りました。台風の多かった9月、貴重な晴れの日でした。 初戸から登り、権現山→不老山と歩いて下山しました。権現山からは奥多摩の山々が見えました。 不老山からは、上野原の町と空にはパラグライダーが飛んでおり、乗っている方が手を振ってくれました。 また、”たまごだけ”が、いままでのなくたくさん生えていました。これも、多雨・温暖化のせいでしょうか?
◆遥かなる!前穂高岳北尾根 (個人山行)

8月18日夜発〜21日、北アルプスの前穂高岳北尾根に登った。 19日は晴天で、上高地から涸沢まで。 20日5・6峰のコルから5峰は稜線を伝い、4峰は1回ロープを出してクリア、4・3峰のコルで間の前にそそり立つ3峰の 核心を眺めつつ休憩。そのころから空模様が怪しくなり、3峰に取りついて2ピッチ目から降雨があり、 登り易いルートを進んだ。どうにか2峰を懸垂下降で下り、1峰のガスで何も見えない前穂高岳頂上へ。 紀美子平へ下り、重太郎新道をずぶぬれで岳沢小屋へ降りた。晴天の下で再度挑戦したいルートでした。







                     このHPは、「めぐろ山学クラブ・仲間」より提供しています。
 
[ 更新履歴 ]
◇ 3/26「トピック」3件を更新
◇ 1/ 8「トピック」3件を更新
◇10/09「トピック」3件を更新
◇ 8/24「トピック」飯豊山 更新


  [ 更新履歴 ]
◇ 8/ 6「トピック」田代山 更新
◇ 7/27「トピック」沢登り 更新
◇ 7/23「トピック」山窓177号 更新
◇ 7/17「トピック」5月 6月 7月 更新
◇ 6/30「トピック」4月 雪上訓練 更新
◇ 3/20「トピック」3月 平戸の岩場 更新
◇ 2/25「トピック」2月 九鬼山 更新
◇ 2/18「トピック」遭難事故事情 更新
◇ 2/ 8「トピック」1月 高川山 更新
◇12/29「トピック」記念誌、報告書 更新
◇12/28「トピック」11月 記念式典 更新
◇12/28「トピック」9月 鶴ヶ鳥屋山 更新
◇12/27「お知らせ」例会日程 更新



定例会
入会案内

山行計画/報告

山行写真集

連絡先

リンク集

【今までのトピックス】
ご覧の時は下をクリック↓

→TOPICS履歴5

→TOPICS履歴4

→TOPICS履歴3

→TOPICS履歴2

→TOPICS履歴1



駅から時刻表

道路交通情報 センター

地図センター

会員優待施設

山の天気予報

山学クラブ・仲間時報
アクセスカウンター